GREETING自然とあそび、自然にまなぶ、素直な強い子。

住田学園福祉会では、3つの園を通じて、ご家庭や地域社会の連携を密にして、子どものおかれている生活の実体を把握するとともに、子どもの健康と情緒の安定を図り、自発的、意欲的にかかわれるような総合的保育を行います。

LIST OF NURSERY SCHOOLS園のごんない

外観:矢野みどり保育園

矢野みどり保育園YANO MIDORI NURSERY SCHOOL

くわしくみる
外観:おさんぽ保育園

おさんぽ保育園OSANPO NURSERY SCHOOL

くわしくみる
外観:さいわい保育園

2017
新設

さいわい保育園SAIWAI NURSERY SCHOOL

くわしくみる

NEWS INFORMATIONおしせ・ブ

保育士ブログBLOG

2021.09.16

おさんぽ保育園

『 届きますように… 』(3~5歳児)

もうすぐ敬老の日。。。 大好きなおじいちゃん、おばあちゃんへのハガキをポストに入れに行きました。 1人ひとり自分のハガキをポストに投函し 「 届きます…

2021.09.15

さいわい保育園

お芋について・お芋の食べ比べ(以上児)

「お芋について」のお話しを、クラス毎で、給食先生にして頂きました。「さつまいも」「じゃがいも」「さといも」の形の違いや、どんな料理で使っているか、成長…

2021.09.13

矢野みどり保育園

寒天あそびをしたよ!(0.1歳児)

先日、0.1歳児合同で寒天遊びをしました。 いろいろな色や形に目を輝かせる子ども達☆     最初は、慣れない感触につんつんしたり…

2021.09.11

さいわい保育園

屋上あそびを楽しみました!(4歳児)

屋上あそびをする日・・・・。屋上に行く前に「屋上の遊び方」の約束事をお部屋でしました。それから、開放感ある屋上に着き、扉を開けると「わ~」と喜び、元気…

記事の一覧を見る

園からのおしらせNEWS & TOPICS

  • 09/17

    総合 矢野みどり保育園 おさんぽ保育園 さいわい保育園

    台風14号について

    保護者の皆様

    日々の、皆様のご協力ありがとうございます。

    本日夕方から、明日にかけて、非常に勢力の強い台風14号が接近することが予想されています。

    登園された方は危険と感じた場合、早めのお迎えをお願いすることがありますので必ず連絡をとれるようにして下さい。

    お子さんの安全のための対応についてご理解ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • 08/19

    さいわい保育園

    お願い

    保護者各位

    いつも、保護者の皆様のご理解とご協力を本当にありがとうございます。アプリでの連絡をさせて頂きましたが、HPにも記載させて頂きます。悪天候が続いたため、毎日、気象、避難情報を確認し「これ以上雨が降りませんように・・。」と祈念していましたが、本日、現在も海田町で大雨警報、「警戒レベル3」が発令されているため、連絡をさせて頂きました。できる限りで、警報等の解除がでるまで、お子様の登園の自粛をお願いできたらと思います。ただ、お仕事の都合上、自粛ができず登園される場合は、必ず連絡が取れるようにし早めのお迎えをお願い致します。大切なお子様の命を守るための対応について、どうぞ、ご理解とご協力をお願い致します。

     

  • 08/18

    矢野みどり保育園 おさんぽ保育園

    お知らせ

    悪天候が続いております。

    保護者の皆様にはご理解とご協力をいただきありがとうございます。

    局地的に激しい雨が降ることが予測され、土砂災害の危険性が高まります。

    その場合は、早めのお迎えをお願いすることがありますので、いつでも連絡がとれるようにお願いいたします。

  • 08/18

    矢野みどり保育園 おさんぽ保育園

    8/18 登園について

    保護者の皆様

    日々の、皆様のご協力ありがとうございます。

    今朝も、広島市に大雨警報、避難指示(警戒レベル4)が発令されております。

    そのため、可能な方は自宅待機、登園の自粛をお願いいたします。

    また、登園された方は危険と感じた場合、お迎えをお願いすることがありますので必ず連絡をとれるようにして下さい。

    お子さんの安全のための対応について引き続きご理解ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

もっとみる

記事の一覧を見る

PHILOSOPHY

住田学園福祉会では、「自然とあそび、自然にまなぶ、素直な強い子」を保育目標とし、ご家庭や地域社会の連携を密にして、子どものおかれている生活の実体を把握するとともに、子どもの健康と情緒の安定を図り、自発的、意欲的にかかわれるような環境構成と、主体的な活動を大切にし、乳幼児期にふさわしい体験がえられるようあそびを通じて総合的な保育を行います。